★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『 ニュースの裏側 』

今日はちょっと真面目に、
「ニュースの裏側」
なるものについて考えてみたいと思います。 (^^;

先日も
「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」

草なぎ君の事件について、
「重罪人扱いしすぎじゃねぇの?」
って事を書いたのですが、この事を例にして
「片側からの視点だけでモノを考えてはいけない」
ってな事を考察してみます。

釈放され、本人の会見も開かれ
若干の落ち着きを見せているこの事件ですが、
ちょっと振り返ってみますね。

・公園で全裸で騒いで、「公然猥褻」現行犯逮捕
・SMAPのメンバーである事から報道は過熱
・そのさなか、「家宅捜索」まで行われた事が発覚
・擁護の声もかなりきかれる

とまぁ、ここまでで、
「報道過熱しすぎじゃねぇの?」
「不当逮捕じゃねぇの?」
という意見と
「ま、しょうがないんじゃなねぇの?」
「損害を考えれば妥当」
「有名人だから…」
ってな意見も…

でも、共通に思ったのはたぶん

「家宅捜索」って事は薬物?

って事じゃないですかね?
なんかね、薬物やると体が火照って服を脱ぐ傾向があるんだってさ…
それを考慮すると、逮捕時の状況は
警察の行動としては「妥当」って見方もできるんだって…

更に、「警察にそうさせるなにかがあったのでは?」
ってな想像もできるって事なんですね。

この事だけでも、視点を変えて見てみると、
「相手が有名人であればこそ、何かあったから、そこまでやった」
って見方もできるわけです。

下手な事やったら、警察もバッシングされるわけですからね。(^^;

とはいえ、さらに別の角度から見ると、
実は警察も単にやり過ぎだった可能性も捨てきれない。
警察だって間違う可能性もあるわけですから…(^^;


で、どうどうめぐりが始まるわけです。
そして、ホントのところは当事者じゃなければわからないわけです。

頼みの綱の報道自体、まったくなんのバイアス(偏重)もかかっていないって事は
絶対と言っていいほどあり得ないって事を考えればなおさらです。

更にいい例が、ちょっと前まで結構話題になっていた
カルデロンさん一家
娘だけ置いて、両親は強制帰国処分になったあの事件ね。

最初にニュースで聞いた時は、
「その位の融通をきかせりゃいいのに…」って思っちゃいました。
だって、どう考えてもニュース自体がそういう作りになっているんですよ!
直接、子供がかわいそうだとか、そういう事をニュースキャスターが言わなくても
絵の作り方から、ニュース原稿が「そう思わせるつくり」になってると
思わずにいられない…

しかし!
よくよく調べてみると、そもそも両親は不法滞在、
しかもその不法滞在も、スーパーでの万引きがきっかけでばれたとか…
この事実を踏まえた視点で見ると、

「子供が出来たという既成事実を利用した不法滞在の恩赦」

っという事が浮かび上がるわけです。
この事を利用した、不法入国がなし崩し的に認められるようになったら
法の意味さえ崩れかねませんからね。

そして、さらに問題なのが、
「それでも子供には罪はない」
って事ですよね。

親が犯罪を犯して、刑務所に行ったら、同じような状況になるわけです。
でも、だれも
「それでは子供がかわいそうだ!」
なんて言いませんよね?



ふたつの事実のどちらにバイアスをかけるかで、
事件そのもののが、全然違うものになってくるわけです。

しかも、そのバイアスをかける原因になるモノ自体が
相当な既成概念や、先入観で構成されてたりするんで更に性質がわるい(^^;


もっとわかりやすい例にしましょうね。

「野生の王国」な番組。(古いね(^^;)
おなかをすかせた子供のいるライオンの視点からみたら…
ガゼルを捕まえたお母さんはちょっとしたヒーローなんですね。

出産シーンから追い続けた、ガゼルの子供を見守る視点からみたら…
いきなり襲い来るライオンの姿は悪魔のように見えることでしょう。

これって、あらゆる事に言える事じゃないでしょうか?
片側からの視点だけで見てたら、決して見えないことがたくさんあるんです。

普段はわりと信用している、ニュース番組や、新聞の報道も
人間が作っている以上、
まったくバイアスのかからない状態ってのはかなり難しいわけです。

物理現象や、数字の報告ならそんな事は少ないでしょうけどね(^^;

これだけ情報があふれている時代です。

周りからの情報を鵜呑みにせず、
ある程度多角的な視野、複眼的な視野で見ないと、
間違った概念や、観念を植え付けられてしまう可能性がある
って事を認識しなきゃなりませんよね。

なんでもかんでも疑ってかかれって事じゃありませんが、
こんな事を意識する事も、今はやりの「リスク・テイク」になるんじゃないかな?
と思う次第であります。 m(__)m
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-04-28 10:37 | 考察
<< 『 ティラピス教室 全8回 』 『 神田昌典氏・勝間和代氏の2... >>