★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリ:いわゆるスキルアップ!( 29 )
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 9(最終回) 』

さ、この集中講座の最大のメリットの話でしたね。(^^)

それはね、

自腹を切った、同じ志を持つ数十名の人達と
時間と場所を共有し、コミニュケーションを取る事が出来る

って事だと思ったんです。

「場の空気」ってぇの? このパワーはやっぱり凄まじいわけですよ!

いろんな年代、職業の人がいます。

インストラクターが最初に話してくれた事だけど、
同じ講座に参加した人達の中で
「新しい事業」が始まっちゃったりするんだって…
ありがちだけど、結婚した人もいるんだってさ (^^)

そして、自分が求めている分野の専門家がたまたま
同じ講座を受けていて、情報を得られたりするんだって…

席替によって、いろんな人が隣の席に座るわけじゃん?
実習用にみんな何冊かの書籍を持ってきてるのね。

周りに座っている人も含めて、みんながみんな、
読みたくなるような本を持ってるんだよね。


こんな人が参加してました…

20代半ばなんだけど、バイトしながら夜間の大学に
行ってるんだんってさ…
バイトして貯めたお金は、こういうセミナーに使うんだって…

この「フォトリーディング集中講座」 は11万でしょ?
そのすぐ前にも15万位のセミナー受けたんだって…

そして、すごいのが彼の将来の夢…

「今までにない全く新しいシステムの[学校]を作りたい」

って言うのさ…

「どんだけ志高いんだよ!!」

って、言いたくなるじゃん?

彼とアタクシの年齢差を考えるとネェ?(^^;
彼の年齢から今のアタクシの年齢まで、一体自分はなにをしてきたのか?
とか思うと、暗澹たる気分になるよね(^^;

また、彼はルックスもいいんだよ!

でね、一日めの講座の終了後は懇親会(自由参加)があるのね。
そこでも彼は、
なんとなくグループになっている人達の所を回って、
ちゃんと「おつかれさまでぇ~す!」
挨拶して回っていたんですよ。

ね? 違うでしょ? (^^;

他にも、
難しい資格を取得しようとしている人…
新しいビジネスモデルにて起業をしようとしている人…

みんなすげぇよ!

自分だけかもしれないけど、こういう人達に混ざれたってのが
やっぱり大きかったなぁ~と思ったわけですよ。


どうですか? 興味が出てきましたか? (^^;

正直言って、まだまだ自分も「半信半疑」な部分があります。

目に見えた効果は自分ではわかりません(^^;

でも、ひとつだけ自分の知識の中で「潜在意識」ってモノを
意識できる事があるので、最後はその事を書いて終わりにします(^^;


「カクテルパーティ効果」とか
「カクテルパーティ現象」とか
って聞いたことありますか?

例えば、凄い人ごみ、喧騒の中にいたとします。

でも、自分の名前を呼ばれると

「はっ!」と気づきませんか?

これってあるキーワードのみ潜在意識が反応してるって事じゃないかな?
って思うんですね。

「フォトリーディング」ってこれに近い理屈なんじゃないかな?
と思っています。

「フォトリーディング」した後、
「活性化」と言うアクションを起こすのですが、
これって
「目に飛び込んでくる単語」
「気になる単語」
を拾い出す作業でもあるんですね。

「フォトリーディング」して、
「潜在意識」に埋め込まれているからこそ、
その単語が拾えるって事のようなんですが、

これって活字における「カクテルパーティ効果」なんじゃないかな?

って、思うんですよ。

この状態って、ちょっと「潜在意識」を感じられる様な気がするんです(^^;


最終的には「信じて実行するしかない」って事になっちゃうんですが、
ちょっとしたよりどころにしてます(^^;

「なるほど」と思っていただけましたでしょうか?
それても、「やっぱり胡散臭い」と思いましたでしょうか?

数ヵ月後…
なんらかの効果を報告できる事を、期待して!

てなわけで、一旦体験記は終了です。(^^)
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-05-12 09:08 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 8 』
結局ねぇ、テクニック自体は書籍を読んでも習得できると思うのさ(^^;

ただネェ~ 字面で、「潜在意識」だのって言われても
まず実際にある程度の期間書いてあることを
実践していくのは難しいと思う。

ってか、続ける前に一度もやらないで終わるかもしれない…(^^;

何度も紹介したこの本ね ↓

b0129426_9412211.jpg


買った当時、ちゃんと読んでいても、多分実践しなかたっと思うよ(^^;

だって、

効果が実感できないかも知れないけど、
本の内容は写真のようにあなたの潜在意識に
格納されてます。

って言われて納得できる? (^^;

「なアホな…」

って、思うと思うのさ…

で、この講座… 通信講座もあるのよ。

でも、やっぱり書籍と同じだと思うのね。

一人で教材使ってやっていたって、絶対、
「ほんとに効果あるのかな?」
「身になってるのかな?」

ってどんどん不安になって、結局続かないって
パターン多いじゃないかな?と思う…

実際、通信講座やってなおかつ
この「集中講座」受けに来る人少なくないらしいんだもん…

また、そのあたりの事も含めてうまい説明をするんだよね(^^)

「この集中講座は[道場]です」と…

「武道を習うのに、テキストだけでは難しいでしょ?」と…

だから、

「[フォトリーディング]のカタを実技として習得してもらう講座である」と…


この説明だと結構納得行くでしょ?

更に、「潜在意識」がどうのこうのって話も、
実際に体験して、ひとランク上のレベルで
活用している人がインストラクターやっていて、
体験談やら、考え方を直に説明してくれるわけだから

「そういうもんだ」

って思うしかないわけですよ! (^^;

これは、もう書籍とか通信講座じゃ絶対に味わえないメリットだからね。


そして、この集中講座最大のメリットは…

メリットは??…

次回に回しましょう(^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-05-09 09:17 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 7 』
最近は、あの茂木健一郎さんのご活躍等の影響もあり、
非常に「潜在意識」と言うものが脚光浴びてるような気がします。

一説によりますと、「顕在意識」と言われる
普段意識して使っている脳の部分は1割しかなく、
残りの9割が「潜在意識」といわれる部分で、
いまだにこの部分に関してはよく解明されていない…
しかも、その部分にはとてつもないパワーが隠されている。
ってな事を言われてるらしいんですね。

で、始末が悪いのがこのあたりって
確かめようがないわけです(^^;
見てわかる部分じゃありませんからね(^^;

「潜在意識の活性化」つったって、
ちょっとなにかをやってすぐに、目に見える形での効果が
出てくるわけじゃないわけですよ!(^^;

どうしてもそういう目に見えて数値とかにならないものって、
イコール「怪しいもの」って思っちゃいません?

なので、前回このあたりの事を「諸刃の剣」と言ったわけです。

「すごく興味あるけど、ほんとかなぁ?? 」 ってね。

実際この講座の最初の方でこんな話がありました。

ある体験者が、この講座を受けた事について、

「人生が変わった」

と、言っていると…

しかし、
ただ単にそういう言い方をすると
「あやしい自己啓発セミナー」とイッショクタにされるので
やめて欲しい

と…

まずは「フォトリーディング」と言う技術を伝達する講座であると言う事
を強調したいらしいんですよね。

でもまぁ、実際にはその後いろいろと不思議な事が起きてしまうので
微妙であると… (^^;


そして、一日みっちり10時間
二日間にわたる講座が始まったわけです。

まずは、理論的な所からね。
「なぜ効果があるのか?」って部分から説明されるわけです。

そして、続きまして、
基本的な「フォトリーディング」のテクニック…

二日目に入ると、応用テクニック…

濃かった! (^^) 内容濃かったです!

一日10時間はさすがにちょっと腰が引けてたけど、
ほとんど苦にならなかったですわ!

でも、ちょっと苦手だったのが
隣の人とか、グループでの共同作業みたいなヤツ…

ほら、かなりの人見知りじゃん?(^^;
恥ずかしがりやだし… (^^;;;

一日に3回席替えするんだよね。

だから、「隣の人」って言ってもその都度
パートナーが変わる感じだから、尚更よ…(^^;

この時間だけは、ほんと緊張したわ!

とは言え、ほんとにほんとの最後の瞬間が来たときは
ちょっとウルっとなったよ。

なんなんだろうね?
がんばった自分に?
その雰囲気に?
単なる達成感?

でもヤバイよね、そういう事書けば書くほど怪しくなる…
よね?

その瞬間になんか売られたら、
「壺」とか
「英会話教材」とか
「印鑑」とか
「羽毛布団」とか
すぐに買っちゃいそうだよね。

アハハハ…

って事で、次回はいよいよ総まとめです!!

つづく…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-05-08 09:33 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 6 』
結局、結論からいいますと、

「単に早く読む技術ではない」

と言えます。

なので、「速読」と言う単語から、一般的に受けるイメージとは
全然違うものと認識してもいいかもしれませんね(^^;

実際、この「フォトリーディング」の講師の中では
かなり有名な園さんと言う方は、

「読むのではありません」

ときっぱり言っています。

アタシャね、この「フォトリーディング」は、
二つの面があると思ったのね。


ひとつは、

☆「潜在意識の活性化」☆


本のページを「活字」として認識する事をやめるんですね。
「画像」として潜在意識に埋め込むわけです。
これが、まさに「フォトリーディング」なわけです。

そしてもうひとつが


☆「拾い読みのテクニック」☆


単に「拾い読み」と言うと若干語弊があるのですが、
今まで普通に音読にて本を読んでいた読み方からすると
完全に「拾い読み」と言えると思います。

しかし、そこには「フォトリーディング」にて
潜在意識を活性化した上での「拾い読み」と言う位置づけがあって
意味をなしてくるテクニックである、と言う事が含まれてるんです。


この二つを総合して、「フォトリーディング」を説明するならば

「究極の情報収集テクニック」

といえるのではないか? ってのがアタクシの感想ね。

つまり、いかに書籍等から自分に必要な情報を
早く、確実に自分に取り込むか?
って言う方法論なんだな…って思ったわけですよ。

そして…
最初の目的が、単なる書籍等からの「情報収集」って事で
このテクニックを使い始めても、
「潜在意識の活性化」による「副産物」やら「相乗効果」やらが
読書以外の面でもどんどん素晴らしい効果をもたらしてくれる。

また、そういう体験をする人がたくさんいる、って事がですねぇ
この「フォトリーディング」の凄い所らしいのですよ。


なんだけど… (^^;


この「潜在意識の活性化」ってのが、
かなり切れ味の鋭い「諸刃の剣」…
じゃないかな?…と…

だってさぁ~ ここまで読んだあなた!

「潜在意識の活性化」

とか言われて、すんなり受け入れられたぁ?(^^;

「なんか怪しそうだな…」

って、思ったでしょ! いいよ正直に言って… (^^;

なので、次回はこのあたりに付いて…

つづく…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-05-07 08:59 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 5 』
会場までは、自転車で10分

なんだけど、春だしね。

歩きました(^^)

歩いて30分

期待を胸に、春を満喫しながら、
「自分を変える何か」が待つかもしれない、
「フォトリーディング集中講座」の会場へ!!

結構…いや、かなりの時間的な余裕を持って行ったんですよ。
早めに行って、「自分の好きな席に座っちゃおう」ってな魂胆でね。

それと、
「初日は受付があるから15分前には来てね」
って言う事も案内にかかれてたからさ…

開始時間は9:30だったんだけど、8:50位には着いたかな…
「まだ誰もいないんじゃねぇの?」
なんて、勝手に思いながら会場となっている部屋の前を見て
愕然としました。

受付に長蛇の列…

又思っちゃったよ…

「みんなどれだけ志が高いんだよ!」ってさ…(--;

なんかさぁ、
「アタクシの様なものが参加していいんですかねぇ?」
ってな感じもなきにしもあらずな状態ですわ(^^;

受付も済ませ会場に入ると、その時間にもかかわらず、
結構席が埋まってるわけですよ。

割と前の方から埋まってるんだよね。

なので、まぁ全体を見渡すって事でたまたま空いていた
一番後ろの席を陣取ることに…

二人用のテーブルが横に4列、縦に10列…
40名の定員の様です…

あとで又その事に関しては書きますが、
一発で400万円の売上なわけですよ(^^;

すごいよね?

そして、実際に講座が始まって驚いたのは
「快適な学習環境を提供するシステム」ね。

そりゃまぁ、その金額出してるんだから当たり前っちゃぁ
当たり前かもしれないけど、こっちの不安やこっちの疑問を
先取りして説明してくれる事…

「講座受講」と言うジャンルにもかかわらず、
「行き届いた心遣い」とか「ホスピタリティ」とか言うものを
ほんの数分で感じたんだよね。

机の上には、遊び道具が置いてあったり…
リラクゼーション用の小道具もあったり…

部屋の後ろに用意された、
お菓子は食べ放題!
飲み物は飲み放題!
休憩時間じゃなくても、食べたり飲んだり
「どうぞご自由に」って言うのさ…

もちろん、みんな「一言一句聞き漏らさないように…」
って思ってるわけだから実際に話を聞いてる最中に
そんな事をするわけはないんだけど、
それでも、

「それでも、いいんだ…」
「そういう雰囲気なんだ…」
「気楽にできるんだ…」

って思えるだけで違うわけじゃん?


講習の内容以前でのそういう「いたれりつくせり感」からして
「やっぱりなんか違うぞ…」って思うわけですよ。

でもって、「そういうシステム化」がちゃんと出来てるって事は
当然講習の内容も期待できると思っていいんじゃないかな?ってね。


さあ! ってなわけで、いよいよ次回からは実際の講座の内容になるわけですが、
いつもこの話を書いた最後に必ず、

*PhotoReadingおよびフォトリーディングは
 ラーニングストラテジー社及び
 ラーニング・ソリューションズ社
 の登録商標です。

としているように、講座の内容、ノウハウ自体が「著作権」として
保護されているものですからねえ、実際の内容を書くわけにはいきません(^^;

なので、「こういうものなんだよ」ってなあたりを
ご紹介して行きたいと思っております。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-05-02 08:54 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 4 』
まあね、「講習」とか「講座」とかってのは実際高額なんですわ!

例えばね、アタクシの職業…
まあフリーターみたいなものなのですが、
一般的に非常に聞こえがよく言うと「技術系」…(笑える)

でもって、
さらにとっても耳触りよく言うと「エンジニア」?…(似合わねぇ~)

なので、結構その手の「技術系ノウハウ講習」ってのもあるのさ…
同じ様なもんだよね。

一日、3万とか5万とか
三日も行ったら、20万とかさ…


この手に多いのが、「会社が金出して行かせてくれる」ってやつね。


そんな事言ったら申し訳ないけど…
つっても実際そうだから言うけど…(^^;


「会社が金出す」
   ↓
「行けって言われて行く」
   ↓
「身にならない」


王道ですわ! (^^;
法則といってもいい! (^^;

で、一応「申し訳ない」と思っているってのを示すと…

「100%とは言わないけどね…(^^;」

って事になる。 アハハ…

幸いなことに、アタシャ会社には属してないんでね。

「そんな金があるんなら、アタクシに行かせてよ!」
って、大きな会社に仕事に行かされて、
そういうの目の当たりにすると
いっつもそんなこと思っちゃうね(^^;

「ってか、その講習アタクシにやらせてくれない?」
って思うことも…

だからさ、この「フォトリーディング集中講座」もね、
殆どの人が「会社のお金で」、「上司に言われて」、
参加すると言う形態なんだと思っていたのさ!

この図式はほんともったいないよね。
まさに「宝の持ち腐れ」っていうか「持つ前」に「紛失」している
可能性の方が高いんじゃないの? 位の勢いだわさ!(^^;

ところが! ところが… なのさ…

後で聞いたら、そうやって会社がお金を出すと言う図式の人は
この「フォトリーディング集中講座」においては、
「ほぼ皆無」に近い状態らしいんですね。

早い話が、「みんな自腹切ってまっせ!」って話… (^^;

「Oh! ジャッパニィーズ ハラキリネェ トテモ オソロシイデェス」
てなもんよ

ある意味、「そこからして違う」って事なんじゃん?
なんて思ってみたりしてね…


つっても、アタクシにしてみりゃ、そりゃもう

「清水の舞台から飛び降りる」

なんてもんじゃないからね。

もうちょっと高い建物を引き合いに出すと思った?
残念! (^^; ちゃぁうんだなぁ~

もうねぇ、「飛び降りた」はいいけど、「全身打撲」による重体…
いい? 「重症」じゃなくて「重体」ね。

「内臓破裂」、各部位の骨と言う骨は「粉砕骨折」…

って、それじゃ死んどるやん!

タイの心霊治療師でも無理な状況やん!

江原さんを通してしか話が出来ない状況やぁぁん!

位の覚悟をしてですね(^^;
指定の口座に 113400円を振り込んだわけですよ。


もう後戻りは出来ません。
講師の言うことは一言一句漏らさず…
徹底的に納得のいくまで、
とことん、113400円の元を取らなきゃなりませんよね。

てなわけで、2008年 春!!

ちょうど桜は満開!!

ハラハラと花びらが散る中を!

「フォトリーディング集中講座」に、

満を持して参加してきたわけで… ハッ! ございまするぅ~~~!!

♪ドンドンドンドンドン…♪


ふぅ~ 疲れた… (^^;
ほな続く…

*PhotoReadingおよびフォトリーディングは
 ラーニングストラテジー社及び
 ラーニング・ソリューションズ社
 の登録商標です。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-05-01 09:19 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 3 』
元々興味のあった「速読」が、
俄然ファンになってしまった勝間さんの著書の中で
「フォトリーディング」と言うキーワードと共に
取り上げられていたとなると、もう止まりませんやね(^^;

だって、実際に活用している人の体験が「著書」となり
さらに「著書を出す」と言う事自体にも影響してるとなると
けっきょく手の届かないところにあると思っていた「速読」ってものが
結構自分の中でも現実味を帯びてくるわけじゃありませんこと? (^^;


ってことで、調べます!

調べます!

しらべまぁ~~~す!



結果、その「フォトリーディングの公式HP」を訪れますと
いきなり目に入ったのがこれ…

これよ        ↓


b0129426_9412211.jpg


あれ? なんか見たことあるね? (^^;

忘れちゃった人は、

またもや
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 1 』
を見直してみてよ!

まぁ~~~~~~~、その時の驚きと来たら…(^^;

そうなんですよ!

結局自分が7年も前に、興味を持って買ったはいいけど
そのまま本棚に眠っていた本は、
なんと!
今、自分がが興味を持って調べている「フォトリーディング」
公式参考書の様な本だったわけです!!!

「これももしかすると、いわゆる<セレンディピティ>の一種なのかも?」

なんて思ってしまう出来事だったわけです!

「セレンディピティ」ってのは、たぶんこれからもこのBlogで
登場する確立多いと思うので、興味のある方は調べてみてね(^^;


でもって、その頃はまだ
この「セレンディピティ」って言葉も知らないわけで…(^^;

とにかくその偶然の出来事に、

「これは何かの啓示かもしれん!」 <= 最近こう思うこと多いんですが(^^;
「勝間さんもオススメだからこの講座受けちゃおうか?」

なんて思っていたんですね。

で、件の「公式ホームページ」にてその講座の詳細を確認しますと、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フォトリーディング集中講座
講習費用: 113,400円(税込)~ ★教材費込
場所: 全国主要都市(スケジュールをご参照ください)
日程: 講座スケジュールをご覧ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

えっと… 一桁間違ってませんか? (^^;

ってな、お値段…
(※2008年6月から若干値下げされた新価格になります。)

日程は二日間なのね。

10万円超えたら旅行だってかなり贅沢な旅行できまっせ?
インドあたりだったら、五日間くらいの観光しても
おつりがきまっせ? (^^;

どうなのよ?! 10万円超える講習… どうなのよ? (^^;


更にスケジュール表を見ると、空席のある講座はほとんどない!

それなりに歴史のある講座なわけですよ。
なのに! 直近スケジュールを見ても!
関東圏だけでも、月に10回以上開かれているにも関わらず!
なおかつ、この値段設定にもかかわらず!
ほぼ全ての講座が「満席」…

一回の講座は、4、5人ってわけじゃないからね?
30人とか40人定員なのよ? それでも… なわけさ…


オイオイオイ!

みんなどれだけ「志」高いんだよ!


って話じゃん?(^^;

これだけの人気があるって事は、当然「口コミ」にて広がってる可能性高し!

つまり、参加した人が「それだけの価値がある」
「いいふらしている」可能性が高いって事やね。

まぁ、実際勝間さん始め、
体験談とその後の経験談を語っている人多いわけですしね。


こんな事をごちゃごちゃとやっていたのがちょうど
2008年の2月の始め頃…

その時にはすでに5月くらいまでの、
講座スケジュールが表示されていて既にほぼ満席…

でもねぇ~これが又不思議なんだけどさ… (^^;

その時点で一番日程的に遠い5月のはじめ…
ぽつんとひとつだけ「受付中」になっている講座があってね。

その唯一の講座が、なんと! 自分の家から一番近い講座だったんですわ!

一番近いつったって、都内各所で行われているにも関わらず、
自転車で10分位でいける場所だったからね(^^;

いつも通っていた所なんですわ! (^^;


こんなうまい話ある? (^^;


「それって、変な思い込みなんじゃない?」


ってみなさん思うかもしれません…
いや、たぶん思ったでしょ?? (^^;


でもねぇ~ 経験上言わせていただきますが、
こういう「思い込み」ってほんと重要なんです。

ここから導きだされる、ツキを呼び込むキーワード…


・「都合よく解釈する」

・「勝手に運のいい人間だと思い込む」



Check It Now!! (^^)/


てなわけで、続く…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-25 09:40 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 2 』
7年も前に購入した「速読の本」の事が
ある所で取り上げられていたって話からね。

ここで、あるひとつのキーワードを前提条件と
させていただきましょう!!

それは、 「勝間和代」さんです。

まさに「時の人」…


2005年:ウォールストリートジャーナル紙
「2005年に注目したい50人の女性」に選ばれる

2006年:エイボン女性大賞 最年少受賞


普通にニュースになってたからね。
その時は当然名前なんか知らなくて、
「そんな人がいるんだ」程度にしかニュースも見てなかったけど、
そのニュース自体は覚えてたからね。

上記の事で一気に知名度があがったわけですが、
もともとの経歴の凄いことね。


・慶應義塾大学商学部卒業
・早稲田大学ファイナンスMBA
・19歳で公認会計士試験2次試験に合格(当時の最年少記録)
・アーサー・アンダーセン勤務
・ケミカル銀行(現在のJPモルガン)勤務
・マッキンゼー勤務
・JPモルガン・チェース勤務
・経済評論家として独立
・早稲田大学商学研究科の博士課程に在学
※Wikipediaより引用

凄すぎるわ! (^^;


でもって、最近は出す本出す本全部ベストセラーね。

すさまじい活躍なわけです。

でも、アタシャ人に紹介されてその著書を読むまで、
正直知らなかったんですな… 勝間さんって名前はね… (^^;


「この人の本いいから、読んでみなよ…」

といわれて最初に読んだのが、

『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』光文社

でもって、そこから続けざまに読んだのが


『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 』ディスカヴァー21

『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』ディスカヴァー21

『効率が10倍アップする新・知的生産術 』ダイヤモンド社

『インディでいこう!』ディスカヴァー21

『勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─ 』東洋経済新報社


更に既に家で、読まれるのを待っているのが


『決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール』ランダムハウス講談社




とまぁ、ほとんど、

教祖 <=> 信者

の様な関係になってしまっているわけです(^^;

当然向こうはそんなことは露ほどにもしらないわけですが…(^^;

まず、最初に驚いたと共に一気に引き込まれるきっかけになったのが
勝間さんがあげていた、これからのスキルアップの為のキーワード…


・英語!!

・パソコン!!

・会計!!


あれ? なんか似た様なの見たことあるね? (^^;

さぁ! もう一度

『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 1 』

を読んでみて…

ね? なんか似たような事書いてあったでしょ? (^^;

「速読」が「会計」に変わっているだけ…
しかも、主たるキーワードであげてるのは上記三つだけど
当然「速読」の話も出てくるわけ。

でもって、「速読」はメインじゃなくて上記の三つを獲得する為の
「単なる道具」って言う位置づけなんだよね。


こんな凄い人がだよ?

「なんだか自分と同じような事を言っている(考えていた)」

って時点でそりゃ俄然興味出てくるよね。(^^)

更に更に著書を読むと、非常に同じ様な部分に価値を見出していることを
発見してしまうんです。

となると、次に何が起こるかぁ?
何が起こると思います?(^^;
何を感じてしまったと思います?
それは…

「絶望的なまでに歴然としたスキルの差」ですわ!

アタクシも、一応それなりに考えて実践した経験があるとは言え、
なんと言う「ぬるい対応」、「実践の仕方」をしてきたのかと…

でもね、不思議なことに別に嫉妬するわけでもなく、
落ち込むわけでもなく、
逆になにかの扉が開いた気がしたんですよ。

陳腐ですが、わかりやすい言い方をしますと、

「なんか人生変わったかも?」

ってな感覚だったわけです。


読めば読むほど、
自分も目をつけていたもの、
自分も興味があったもの、
自分も思っていたこと、
がジャンジャン出てくるんですよ。

でも、こだわり方や、実践方法、踏み込み方、
全然違うんですね。(^^;

その中でも強く興味を抱いたのが
「速読法」の一つである「フォトリーディング」
「記憶・発想術」の一つである「マインド・マップ」
なんです。


さあ、やっと「フォトリーディング」って言葉が出て来たところで
次回に続く…


*PhotoReadingおよびフォトリーディングは
 ラーニングストラテジー社及び
 ラーニング・ソリューションズ社
 の登録商標です。

*マインド・マップは
 ブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社
 の商標登録です。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-24 08:50 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 1 』
既に20年も前の事です。

アタクシ、こんな事を思いました。


これからの時代…


・英語!!

・パソコン!!

・速読!!


こそが、最重要スキルである!!

と…


えっと、前に同じ事どっかに書いたなぁ…(^^;

でまぁ、「英語」に関しては「ECC」に通ったわけですよ。
そのあたりの話は、

『 チャレンジ!【英会話】 』

なんてののシリーズを読むとお分かりいただけると思います。

でパソコンね。
こりゃもう、手っ取り早く仕事にする事しました。(^^;


問題は「速読」ね。

上のリンクのシリーズを読んでると出てくるんだけど
当然そのことも話題にしてました。

『【速読法】 体験記 』


「速読」に関しては、いろいろやって挫折してるわけですよ(^^;

指南本を読んでみたり、パソコンソフトを使ってみたり…

で、「こりゃダメだ…」と一旦あきらめたんです。
だって、
「ページをめくるだけで内容が理解できる位の達人には一握りの人しかなれない」
って、そういう指南本にはっきり書いてあるんだもん(--;
「なんだそれ…」って話じゃん?(^^;

で、それからちょっと経った2001年

本屋さんで平積みになっている1冊の本を手に取ることになったんです。

それがこれね。

b0129426_12494478.jpg


「ちょっと今までと違うんじゃない?」
「これぞ最後の望みかも?」

なんて思いながら、その場で購入したんです。

とまぁ、ここまでは良かったんですが…
それまでの経験から、「自分には無理かも」
という変な固定観念が出来上がっちゃっていて、
買ったはいいけど、なぁ~んか読む気がしなくてさ(^^;

本棚にて、後生大事に保管されることになるわけです。
「そのうち、なんかの機会に読むかもね」
ってな感じでね…

それから何年たった? (^^;

そうです! 7年の月日が流れたわけです。

でもって、「流転」と言うのでしょうか?
「巡り巡って」と言うのでしょうか?

こう言うのってほんと不思議だと思うんだけど、
ある場所で、この本の表紙を目にすることになるわけなんです!

「うわ! この本、アタシャ何年も前に買ったぞぉ?」ってね。

いや、別に本屋さんで見たってわけじゃないからね。

てなわけで、つづく…(^^;



*PhotoReadingおよびフォトリーディングは
 ラーニングストラテジー社及び
 ラーニング・ソリューションズ社
 の登録商標です。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-23 12:56 | いわゆるスキルアップ!