★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリ:フォトリー・マインドマップ( 5 )
『 山口佐貴子謝恩パーティー~お陰様で受講生3000人~ 』

「山口佐貴子ってだれ?」

って、所からですね(^^;


参考にしていただく記事は ↓ こちら…

『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 』
『 マインドマップ講座体験記 』

「フォトリーディング」という、読書テクニックと、
「マインドマップ」という、メモテクニックの
講座を受講した時の講師が、「山口佐貴子」さんだったんです。

ま、どちらも「読書テクニック」、「メモテクニック」
なんて一言で言い表せないほどのパワーを秘めているわけですが…

佐貴子さんについて、もちょっと知りたい方は、
こちらへどうぞ! => 山口佐貴子公式ホームページ


その、講師の佐貴子さんの受講生が3000人を超えたって事で、
祝賀パーティが開かれるという案内をいただいたアタクシ…
参加させて頂きました。

単に3000人って言ったって、
1000人を3回とかじゃありませんからね(^^;

時は、2009年 10月 9日(金)
場所は、飯田橋にある 「アグネスホテル東京」という所…


きちんとしたパーティなんて、アタクシにしてみれば
非常に場違いな感じも無きにしも非ずですが(^^;
今までの経験からすると、この「フォトリーディング」やら
「マインドマップ」関係のイベント、集まりに参加すると、
異常なまでに、いろんな事に対するモチベーションがあがったり、
「あぁ~~パワーもらった」って感じになるんですね。

なので! 勢いで参加させて頂きました(^^;

この日の佐貴子さんはオレンジのドレスで登場!!
主役にふさわしい華やかさでございました。

でもって、またゲストが凄かったね。

案内には名前がなかったんだけど
いきなり、あの「神田正典」さんが登場!!

目の前を神田さんが通り過ぎて行きます。
どこかの記事に
「なんだか神田さんにはそのうち会えそうな気がする」
って書いたと思うんですね。

で、
2月の
『 フォトリーディング フォローアップ講座 』
では、ステージ上だった神田さんですが、
今回は、すぐそこに…
だんだん距離が近づいてきてますね。(^^;

更には、
『ユダヤ人大富豪の教え』
の著者である、本田健氏。

夢の宝地図ナビゲーター望月俊孝

著書もたくさん、超有名占い師來夢 さん

と、まぁ豪華なゲストの方々…

更に更に…
ドラマ化もされた、コミック「ゴッドハンド輝」の作者
山本航暉さんが、普通に参加者としていました。

「ゴッドハンド輝」は、電車の中で何度も泣きましたからね。(^^;
一言ご挨拶をと… 声をかけさせていただきました。
山本さんの凄いのは、たくさんの人にサインを頼まれていたのですが、
必ず、輝の絵を書いてくれるんですよ。
あっという間に、そこに「テル先生」が!!!
感動です!

そのサービス精神には、ほんと脱帽でした。

とにかくねぇ、参加してる人が凄い人たちばっかり…
時がたつにつれて、「ほんとにここにいていいんだろうか?」って
感じが増すばかりよ(^^;

ひとりで、ぽつんとウーロン茶をすすっていると、
最初に話しかけてくれた方は、なんと愛知から…

その次に話した方は、仙台から…

アナウンスで紹介されている方は、大分から…

みなさん、このパーティのためだけに来たとか…

凄すぎます(^^;

受講生の代表としてあいさつした方は二人…

一人目の 「心屋仁之助」さんは、
佐川急便の管理職から、心理セラピストになり、
更には、ベストセラー作家にまでなった方…

二人目の稲垣昌利さんは、
サラリーマンから、いきなり「西尾市議会議員」に
20代でなってしまった方…

詳しくは こちらを参照
   => http://www.10sokudoku.jp/voice/hero.html

もともとそういう人だから、「フォトリーディング」の講座を受けるのか?
講座を受けたから、「人生変わる」のか?

永遠の謎になりそうです… (^^;

上記のお二方だけではなく、名刺交換をさせてもらう方
すべてがなんだかすごい人ばかりなんですよね(^^;

でもって、そんな中、話の弾んだ自分を含む4人で
二次会を開催する事に… (^^)

近くの「坐 わたみ」に繰り出しました。

マインドマップのインストラクターのYさん
某、超有名、アタクシも大好きな千葉方面の
リゾート地にて働いている、Kさん
みんなが知っている、電機メーカーF社のAさん

いろんな話が飛び出して、非常に勉強になりました。
そして、すごく楽しかった(^^)

こういう横のつながりができるのがたまりませんね(^^)


というわけで、「場違い」な感じは、
最後まで残りましたが、やっぱり参加してよかった。

すごぉ~~~く、よかった!

どうです?

「マインドマップ」、「フォトリーディング」興味が出てきましたか?

まず間違いなく、損はしないスキルだと思います。
興味が出てきた方はご検討ください。

相談にものりますよ(^^; アハハハ…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-10-14 09:50 | フォトリー・マインドマップ
『 神田昌典氏・勝間和代氏の2009 年対談講演 @笹川記念館 <本編-2>』
<序>の続きです。

いろんな話題が出てきましたが、常に根底にあったのが
「ロジカルシンキング」だった様に思います。

で、この「ロジカルシンキング」関して
のっけから神田さんと勝間さんで意見の食い違いが…(^^;

勝間さんは
「ロジカルシンキングなんて無意識に普段やっているし
ちょっとトレーニングすれば簡単よ」

ってな感じ…

神田さんは
「そもそも、日本人は言語体系から考えても無理があるんじゃない?」

って感じ…


で、勝間さんは「マインドマップ」にしても
「フォトリーディング」にしても、これぞまさに
「ロジカルシンキング」なツールだと言う主張なんですね。

「ロジカルシンキング」の過程で出てくるものに
「ピラミッドストラクチャー」に分解するってのが
あるらしいのですが、「マインドマップ」って基本的な
構造が既にこのピラミッドストラクチャになっているんですね。
更に、絵がついているので尚更に有用との事。

「フォトリーディング」の方は、まず全体を俯瞰するって所で
「ロジカルシンキング」との共通点があると言ってました。

ここで、いきなり「フォトリーディング」について
直接勝間さんに質問できるコーナーが始まりまして…

こんなチャンス滅多にないじゃないですか! (^^;

さっそうと、アタクシも手を挙げたんですが、
選ばれませんでした… 残念…(;_;)

あと有用だと思った話題は「既存のものを組み合わせる」って話…

こんな世の中でも、ちょっとした工夫で新しいビジネスが
始まる例として「既存のモノの組み合わせ」ってのが
非常に効果があるみたいなんです。

で、これって、考えたらまさに勝間さんの本の事なんですよ。

読書感想文のBlog《知識増量堂 ブックセンター》で
神田さん勝間さんの共著である

『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100 』

ってのを紹介してるんですが、
その中で推薦されている本を読んでみると、勝間さんが提案、推薦している
テクニックやアイディアの原型が、あっちこっちに出てくるんですよ。

勝間さんはそれらのバラバラの材料をうまく融合させて
自分なりの工夫を加えたりして、自分の言葉で提案してるんですね。

「まさにこれじゃん!」って感じ…

さらに、なにかの本には
「発明とは既存のモノの組み合わせだ」
みたいな事が書いてあったのを思い出しました。

「まさにこれじゃん!」…ねぇ? (^^;


というわけで、かなり端折りましたが(^^;
初生カツマッチの体験談でございました。

内容がタイトルとマッチしてるかって問題になると
若干の疑問は残りますが(^^; まぁ有意義な講演でした。

3時間の「フォローアップ講座」
2時間の「対談講演」
間に休憩もあるんで、会場入りから7時間位でしたが
割とあっという間でしたね。

参加できて、非常にラッキーでした(^^)v

残念ながら参加できなかった方、
多少雰囲気が伝わりましたでしょうか?

あぁそうそう…
このレポートの内容は、当日個人的に作成した
マインドマップから構成しました。
勘違いや、講演者の意図している事とは食い違いが
あるかもしれませんが、そこのところはご容赦願います。(^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-02-18 09:53 | フォトリー・マインドマップ
『 神田昌典氏・勝間和代氏の2009 年対談講演 @笹川記念館 <本編-1>』
<序>の続きです。

最初に、勝間さんの本に出会ってからどれ位経ったんだろう…

振り返ってみますと、相当人生変えられてる(^^;
いきなり「フォトリーディング」の講座を受講したり…
その後すぐに、「マインドマップ」の講座を受講したり…

読む本のジャンルも、量も、質も変わった。
そのうち「勝間さんの講演」なんてものも
聞いてみたいと思っていました。

そして、今回!
とうとう、「生カツマッチ」にたどり着いたよ(^^;

神田さんと勝間さんの対談ってのも、
実はなんかの書籍の特典だかなんだかでもらった
音源で聞いた事はあったんですけどね。

やっぱり、生は違いますからね。
って事で、かなりの期待を胸に鑑賞させていただきました。(^^;


最初に登場したのは、神田さん…
基本的には、神田さんが聞き役、メインが勝間さんって感じ…

二人のイメージは…

「フォローアップ講座」の時も含めてだけど、
神田さんて、基本「性善説」の上にたった視点って感じが
とてもしましたね。
「フォローアップ講座」の時のグループワークの時も、
「グループになった人は、とても縁がある人です」
「だから、きっとなにかありますよ」

とか…

「ここに集まっている人は、相当知的レベルの高い人ですから…」

とか…
ま、そういう所が今の神田さんのベースになってるのかなって感じ…

一方、神田さんの紹介で登場した勝間さん…
この日は濃いめのグリーンのスーツでした。

まぁ~はっきりものを言うね。
テレビや音源である程度わかっていたはずなんだけど
そこで培ったイメージを遥かに超える、
自信に満ちた言いきり方…

ちょっと怖いというか、冷たい感じがしてしまうほど…
又、時々「神田さんvs勝間さん」ってな構図で
意見が食い違う事があってさぁ~

聞いてる方は、「論争になるんじゃないか?」って
ちょっと心配になる位の感じでした。

二人でいても、あんな感じなんだろうか?(^^;

って事で、じゃここからは講演の内容ね。

あぁ~~ そうそう、タイトルを確認しましょう!
タイトルは 「新時代の“スピード情報編集法”」 です。

まず、とっかかりは…
現在神田さんの所に持ち込まれる案件について…
今はね、「モノ作り」とかじゃなくて、「サービス」に関する
案件が多いんだって、で、その案件も非常に「専門的・抽象的」
要求が多いんだってさ。

そして、これと同期するように今の社会人の意識調査として、
10年前より増えたと思うものに
・高いスキル
・情報
・決断力
・責任
・勉強量

ってものがあげられるそうなんです。

なのに、減ったモノの代表が
・モチベーション

なんだってさ…

やらなきゃならないこと、責任、求められるスキル、
ジャンジャン増えてるのに、モチベーションはあがらない…
まぁ、大変なストレス社会ですわな <=完全に他人事(^^;

かの米国さんでは、この状態が実は10年前に起こっていた
いたらしいんですね。

「モノ作り」=>「情報産業」って過渡期がね。
これを「発展ラダー」って言葉で勝間さんは表してました。
「ラダー」ってのは梯子ね。

逆に、中国はこれが未来にまっているんだと…

「さてさて、じゃどうするの?」ってのが、本題ですね。

勝間さんはまず、「個人スキル」から「会社スキル」へって
話題から始めましたね。

もう「個人的スキル」をあげるってのは限界がある。
結局、会社として、いかにきちんとした「メソロジー」を持っているか?
ってのが重要なんだそうです。

特にこれからは「メンタリング」方面のきちんとしたフォローがないとダメ。
というか、外資はすでにこの方面の「メソロジー」が
とてもちゃんとしてるんだってさ!

そして、そういうバックアップ体制の元に、いかに「知的な仕事」
していくかというのが課題だとの事。

そのツールとして「フレームワーク」を使ったり
「ITの使い方」を工夫したりして、
「付加価値」をとにかく高めていかなければだめだと…

そして重要なのが、現場が情報を伝えなければならいって事で、
その情報を正しく伝えるには、「ロジカルシンキング」ってのが
キーワードになってくるって事なんです。


って事で、次回はこの「ロジカルシンキング」ってキーワードが
出てきたあたりからの報告です。

つづく…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-02-17 09:53 | フォトリー・マインドマップ
『 神田昌典氏・勝間和代氏の2009 年対談講演 @笹川記念館 <序>』

『 フォトリーディング フォローアップ講座 Ver.K by 神田昌典氏 』
の続編です。

実はこの日の講座は、3部構成だったんです。

第一部:『 フォトリーディング フォローアップ講座 』
第二部:『 神田昌典氏と勝間和代氏の対談講演会 』
第三部:『 オーディオ会員講習会 』

な、ん、で、す、がっ!

最初に来た案内のタイトルがね。

--------------------------
【フォトリーダーが一同に】
2/11勝間和代さん講演会&フォト・フォローアップご案内
--------------------------

となっていたんです。
パッと見… パッと見ですよ?

講演会とフォローアップ講座がセットになってると思いません?(^^;
ところが、上述しましたように、同じ日、同じ場所で行われるのですが、
まったく別物… 申し込みも別々になっていたんです。

第三部の講習会は、一般向けではないんでね。
これは当然別格なのですが…

なので、最初、このイベントの案内を見て、すぐに申し込んだ時に
スムーズに申し込めたので、
「あぁ~~申し込めてよかった…」と思ってすっかり安心していたんです。

でね、これも虫の知らせと言うのか、なんというのか
なぁ~んか気になって、この案内のメールを、申し込んだ後も
読みなおしていたんですね。

すると、かなり後半の方になって、

-----------------------------
■2/11午後は、勝間和代さんと神田昌典の対談講演会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして、2月11日の午後には、同じ会場で
ご自身もフォトリーダーでいらっしゃる勝間和代氏をお迎えし、
神田昌典との対談形式で… … …
-----------------------------


なぬ? (--;

そして、その下には別の申し込み用URLがっ!

「まじかよぉ~~~!!」ですよね(^^;

まさか別々に申し込まないとならないなんて思わないじゃん!

慌てました…
アワワワワワワワワ… ですよ(^^;

「あぁ~~ もうだめかもしれん!」

と、ドキドキしながら申し込みのURLに行きましたよ。
それでも、ラッキーな事にまだセーフでした。

当日神田さんが言っていたのですが、こっち対談講演会は
24時間内に満席になってしまったのだとか…

「あぶねぇあぶねぇ~ よかったぁ~ 」って感じですよね。

でもね! これ… このメールのわかりにくさを感じたのは
アタクシだけじゃなかったみたいなんです。

実は…
「フォトリーディング集中講座」も…
「マインドマップ講座」も…
けっこうグループワークってあるんですよ。(^^;

「近くの人といっしょになんかやる」ってのがね。

で、この日の午前中に行われた
『 フォトリーディング フォローアップ講座 Ver.K by 神田昌典氏 』
でもこのグループワークがあったんですね。

前後の席4人位でグループになり、演習をやりました。

そしたら…なんと… その4人全員が別の構成になっている
と言うのを知らなかったんです。

お隣の方は、
「なんで勝間さん出てこないんだろう」って思っていたそうな…

あのメールのわかりにくさ…
「自分だけじゃなかったんだな…」って思いました。
自分もたまたま気が付いたんですが、他のみなさんに対して
なんだかちょっと申し訳なくなるくらいでしたよ。

「これは、そういう方々の為にも、ちゃんとBlogで報告せねば!」

と言う使命感に駆られたというのもありまして… (^^;

いよいよ次回… (次回かよ!(^^;)

「新時代の“スピード情報編集法”」

と銘打たれました、神田さんと勝間さんの対談講演の様子を
お伝えしたいと思います。

つづく…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-02-16 10:06 | フォトリー・マインドマップ
『 フォトリーディング フォローアップ講座 Ver.K by 神田昌典氏 <本篇> 』
<序>の続きです。

では、今回のフォローアップ講座の目的をおさらいしておきましょう(^^;

★「正しく出来ているのか?」
★「ほんとうに頭に入っているのか?」

でしたね。
神田さん自らの講座ってだけでも凄いのですが、
この目的の価値ってのは相当高いです。

通常の「フォローアップ講座」だと、
全体的なおさらいになるわけでして、
フォトリーダーが一番疑問に思っているだろう部分を
ピンポイントで取り上げてくれるってのが、
とんでもない魅力なわけですよね。

では、講義の内容をアタクシ自身がメモした
マインドマップを使いまして、
ここでレビュー(復習)してみたいと思います。

序盤は目的を明確にする事から始まりました。

そして、フォトリーディング(以下PR)を使いこなす…
しかも、「空気のように」使いこなす、習慣化する。
スピードアップも…
スピードアップの適応箇所は、「活性化」「理解」「記憶」

これらの目的を確認した後は、
PRの5つのプロセスの復習です。
正確には 「フォトリーディング ホールマインドシステム」の復習ね。
(以下PRWMS)

---------------------
STEP1:準備
  ここで読書の目的を明確にして、集中

STEP2:予習
  全体像を捉える
   (どのフォルダーへ格納するか?)

STEP3:フォトリーディング
  始まりのアファメーション
   (ファイルを開く)
  PR
   (ダウンロード)
  終りのアファメーション
   (ファイルを保存)

STEP4:活性化
  トリガーワード
  脳への問いかけ
   (検索エンジン)

STEP5:高速リーディング
  必要ならば
  複合テクニック使用
---------------------

()の中は、この各ステップをパソコンの作業に
例えたものです。あくまで「似ている」って事らしいですが…
それでも、このたとえは、かなりわかりやすいと思いましたね。

混沌とした情報の渦の中から、キーワードと検索エンジンを使って
必要な情報を拾い出す。

まさに、「PRWMS」ですよね。

この過程にて、約800人が一斉にPRを行いました。
実際には、宿題として自分の読みたい本でSTEP4までを
やってくる事になっていたのですが、最初のSTEPから
800人で実践です(^^;

なんでも、これだけの大人数でのPR講座は
世界でも初の試みとの事でした。
ステージ上…または、傍から見たら壮観だったことでしょうね(^^;

ここで重要なのが、「PR」をやっただけでは、
やっぱり記憶として残る事はまれだと言うことらしいんですね。
「PR」自体は、「脳への刺激である」と言う表現をしてました。

結局PR自体は意識して景色全体をまず見る事に近いのかな?と
思いましたね。
で、その景色の中から気になるモノのディテールを拾い出す。

すると、重要なのが「トリガーワード」になるわけでして、
この「トリガーワード」、通常でもPRした書籍の内容から
自分に必要な情報を引き上げるフックになるって事なんですが、
この「トリガーワード」と「質問」を覚えてしまう位じゃないと
ダメみたいなんですね。

それ位、自分の欲してる情報を脳に意識させる事によって、
「スーパーリーディング」や「ディッピング」をした時の
効果が違ってくるって事らしいです。

この事の演習として

・「トリガーワード」を記憶してしまう =>記憶術
・「トリガーワード」の意味を自分で想像する =>過去の記憶との融合
・「トリガーワード」で物語を作る
・作成した質問に自分で答えてみる

っていうのを実際にやりました。
ここまで来たら、「トリガーワード」自体が相当
脳に定着します(^^;

さらに「トリガーワード」というのは、実はその本の
「サマリーワード」である事が多いって言うんです。

早い話、作者が一番言いたい事が凝縮されている単語って事なんです。

ここまでやって、活性化のテクニックを使うと、
「トリガーワード」に吸いつけられるように、
知りたかった事がピックアップされると…

なんというロジカルな説明…
納得せざるを得ませんな(^^;

そして、これらの「活性化」についての
テクニックと言いましょうか、コツと言いましょうか、
そういったものを「脳機能」と言う観点から
それがいかに理にかなったものかという説明を加えながら
詳細に説明してくれたんです。

その中で出てきたポイント!

・PRWMSの効果ってのは、
 「E=MC2(二乗)」という、相対性理論と同じ式で表せる。
E:PRの効果
M:Memory(記憶)
C:Creation(創造)
C:Communication(伝える)

・記憶法を使う
 イメージ記憶
 物語で記憶
 語呂合わせで記憶
 関連するもので記憶
 専門用語、人名等は記憶法で覚えてしまう。 =>人に教える事が出来る

・最終目標は人に伝えること <= これ自体が活性化である
 Blog
 スピーチ =>フレームワークを使った構成

大きな所ではこんな所かな… (^^;

若干、終盤は時間の関係で早足になって、
神田さん自身も残念そうだったのですが、
ま、それでも、この講座に参加できて
ほんとぉ~~~にラッキーでした。(^^)v

得るものは、多かった… いや、膨大でした。

で、その得たものからの今回のまとめ…

結局「PR」しただけで、じゃんじゃんと脳に刷り込まれるなんて事は、
そうそうないって事なんだなと… (^^;

実は、最近マーフィー博士の本を読んだ影響もあって、
よりいっそう「潜在意識」ってものに傾倒してるんですね。(^^;

で、潜在意識を活性化させるには、「脳に思い込ませる」ってのが
重要らしいんです。 とすると?
そうなんです、その見地からも、
「トリガーワード」を定着させたり
「準備、集中」「アファメーション」「質問作り」をちゃんとやって
自分の欲しい情報は何か?って事を、潜在意識に教え込むって事が
非常に重要なんじゃないかなと言えるんですね。

パラダイムシフトですよ! パラダイムシフト!(^^;

こりゃね、根本的に「PRWMS」の自分なりの活用法を
みなおさなきゃいかんなと思いました。

なにか変化があったら又報告してみたいとは思っています。
「変化があるかどうか?」が問題ではありますが…(^^;

って事で、次回はこの「フォローアップ講座」の後に行われた
「神田昌典と勝間和代氏の対談講演会」の様子についての話題です。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-02-13 09:09 | フォトリー・マインドマップ