★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 3 』
元々興味のあった「速読」が、
俄然ファンになってしまった勝間さんの著書の中で
「フォトリーディング」と言うキーワードと共に
取り上げられていたとなると、もう止まりませんやね(^^;

だって、実際に活用している人の体験が「著書」となり
さらに「著書を出す」と言う事自体にも影響してるとなると
けっきょく手の届かないところにあると思っていた「速読」ってものが
結構自分の中でも現実味を帯びてくるわけじゃありませんこと? (^^;


ってことで、調べます!

調べます!

しらべまぁ~~~す!



結果、その「フォトリーディングの公式HP」を訪れますと
いきなり目に入ったのがこれ…

これよ        ↓


b0129426_9412211.jpg


あれ? なんか見たことあるね? (^^;

忘れちゃった人は、

またもや
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 1 』
を見直してみてよ!

まぁ~~~~~~~、その時の驚きと来たら…(^^;

そうなんですよ!

結局自分が7年も前に、興味を持って買ったはいいけど
そのまま本棚に眠っていた本は、
なんと!
今、自分がが興味を持って調べている「フォトリーディング」
公式参考書の様な本だったわけです!!!

「これももしかすると、いわゆる<セレンディピティ>の一種なのかも?」

なんて思ってしまう出来事だったわけです!

「セレンディピティ」ってのは、たぶんこれからもこのBlogで
登場する確立多いと思うので、興味のある方は調べてみてね(^^;


でもって、その頃はまだ
この「セレンディピティ」って言葉も知らないわけで…(^^;

とにかくその偶然の出来事に、

「これは何かの啓示かもしれん!」 <= 最近こう思うこと多いんですが(^^;
「勝間さんもオススメだからこの講座受けちゃおうか?」

なんて思っていたんですね。

で、件の「公式ホームページ」にてその講座の詳細を確認しますと、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フォトリーディング集中講座
講習費用: 113,400円(税込)~ ★教材費込
場所: 全国主要都市(スケジュールをご参照ください)
日程: 講座スケジュールをご覧ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

えっと… 一桁間違ってませんか? (^^;

ってな、お値段…
(※2008年6月から若干値下げされた新価格になります。)

日程は二日間なのね。

10万円超えたら旅行だってかなり贅沢な旅行できまっせ?
インドあたりだったら、五日間くらいの観光しても
おつりがきまっせ? (^^;

どうなのよ?! 10万円超える講習… どうなのよ? (^^;


更にスケジュール表を見ると、空席のある講座はほとんどない!

それなりに歴史のある講座なわけですよ。
なのに! 直近スケジュールを見ても!
関東圏だけでも、月に10回以上開かれているにも関わらず!
なおかつ、この値段設定にもかかわらず!
ほぼ全ての講座が「満席」…

一回の講座は、4、5人ってわけじゃないからね?
30人とか40人定員なのよ? それでも… なわけさ…


オイオイオイ!

みんなどれだけ「志」高いんだよ!


って話じゃん?(^^;

これだけの人気があるって事は、当然「口コミ」にて広がってる可能性高し!

つまり、参加した人が「それだけの価値がある」
「いいふらしている」可能性が高いって事やね。

まぁ、実際勝間さん始め、
体験談とその後の経験談を語っている人多いわけですしね。


こんな事をごちゃごちゃとやっていたのがちょうど
2008年の2月の始め頃…

その時にはすでに5月くらいまでの、
講座スケジュールが表示されていて既にほぼ満席…

でもねぇ~これが又不思議なんだけどさ… (^^;

その時点で一番日程的に遠い5月のはじめ…
ぽつんとひとつだけ「受付中」になっている講座があってね。

その唯一の講座が、なんと! 自分の家から一番近い講座だったんですわ!

一番近いつったって、都内各所で行われているにも関わらず、
自転車で10分位でいける場所だったからね(^^;

いつも通っていた所なんですわ! (^^;


こんなうまい話ある? (^^;


「それって、変な思い込みなんじゃない?」


ってみなさん思うかもしれません…
いや、たぶん思ったでしょ?? (^^;


でもねぇ~ 経験上言わせていただきますが、
こういう「思い込み」ってほんと重要なんです。

ここから導きだされる、ツキを呼び込むキーワード…


・「都合よく解釈する」

・「勝手に運のいい人間だと思い込む」



Check It Now!! (^^)/


てなわけで、続く…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-25 09:40 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 2 』
7年も前に購入した「速読の本」の事が
ある所で取り上げられていたって話からね。

ここで、あるひとつのキーワードを前提条件と
させていただきましょう!!

それは、 「勝間和代」さんです。

まさに「時の人」…


2005年:ウォールストリートジャーナル紙
「2005年に注目したい50人の女性」に選ばれる

2006年:エイボン女性大賞 最年少受賞


普通にニュースになってたからね。
その時は当然名前なんか知らなくて、
「そんな人がいるんだ」程度にしかニュースも見てなかったけど、
そのニュース自体は覚えてたからね。

上記の事で一気に知名度があがったわけですが、
もともとの経歴の凄いことね。


・慶應義塾大学商学部卒業
・早稲田大学ファイナンスMBA
・19歳で公認会計士試験2次試験に合格(当時の最年少記録)
・アーサー・アンダーセン勤務
・ケミカル銀行(現在のJPモルガン)勤務
・マッキンゼー勤務
・JPモルガン・チェース勤務
・経済評論家として独立
・早稲田大学商学研究科の博士課程に在学
※Wikipediaより引用

凄すぎるわ! (^^;


でもって、最近は出す本出す本全部ベストセラーね。

すさまじい活躍なわけです。

でも、アタシャ人に紹介されてその著書を読むまで、
正直知らなかったんですな… 勝間さんって名前はね… (^^;


「この人の本いいから、読んでみなよ…」

といわれて最初に読んだのが、

『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』光文社

でもって、そこから続けざまに読んだのが


『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 』ディスカヴァー21

『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』ディスカヴァー21

『効率が10倍アップする新・知的生産術 』ダイヤモンド社

『インディでいこう!』ディスカヴァー21

『勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─ 』東洋経済新報社


更に既に家で、読まれるのを待っているのが


『決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール』ランダムハウス講談社




とまぁ、ほとんど、

教祖 <=> 信者

の様な関係になってしまっているわけです(^^;

当然向こうはそんなことは露ほどにもしらないわけですが…(^^;

まず、最初に驚いたと共に一気に引き込まれるきっかけになったのが
勝間さんがあげていた、これからのスキルアップの為のキーワード…


・英語!!

・パソコン!!

・会計!!


あれ? なんか似た様なの見たことあるね? (^^;

さぁ! もう一度

『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 1 』

を読んでみて…

ね? なんか似たような事書いてあったでしょ? (^^;

「速読」が「会計」に変わっているだけ…
しかも、主たるキーワードであげてるのは上記三つだけど
当然「速読」の話も出てくるわけ。

でもって、「速読」はメインじゃなくて上記の三つを獲得する為の
「単なる道具」って言う位置づけなんだよね。


こんな凄い人がだよ?

「なんだか自分と同じような事を言っている(考えていた)」

って時点でそりゃ俄然興味出てくるよね。(^^)

更に更に著書を読むと、非常に同じ様な部分に価値を見出していることを
発見してしまうんです。

となると、次に何が起こるかぁ?
何が起こると思います?(^^;
何を感じてしまったと思います?
それは…

「絶望的なまでに歴然としたスキルの差」ですわ!

アタクシも、一応それなりに考えて実践した経験があるとは言え、
なんと言う「ぬるい対応」、「実践の仕方」をしてきたのかと…

でもね、不思議なことに別に嫉妬するわけでもなく、
落ち込むわけでもなく、
逆になにかの扉が開いた気がしたんですよ。

陳腐ですが、わかりやすい言い方をしますと、

「なんか人生変わったかも?」

ってな感覚だったわけです。


読めば読むほど、
自分も目をつけていたもの、
自分も興味があったもの、
自分も思っていたこと、
がジャンジャン出てくるんですよ。

でも、こだわり方や、実践方法、踏み込み方、
全然違うんですね。(^^;

その中でも強く興味を抱いたのが
「速読法」の一つである「フォトリーディング」
「記憶・発想術」の一つである「マインド・マップ」
なんです。


さあ、やっと「フォトリーディング」って言葉が出て来たところで
次回に続く…


*PhotoReadingおよびフォトリーディングは
 ラーニングストラテジー社及び
 ラーニング・ソリューションズ社
 の登録商標です。

*マインド・マップは
 ブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社
 の商標登録です。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-24 08:50 | いわゆるスキルアップ!
『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 Part 1 』
既に20年も前の事です。

アタクシ、こんな事を思いました。


これからの時代…


・英語!!

・パソコン!!

・速読!!


こそが、最重要スキルである!!

と…


えっと、前に同じ事どっかに書いたなぁ…(^^;

でまぁ、「英語」に関しては「ECC」に通ったわけですよ。
そのあたりの話は、

『 チャレンジ!【英会話】 』

なんてののシリーズを読むとお分かりいただけると思います。

でパソコンね。
こりゃもう、手っ取り早く仕事にする事しました。(^^;


問題は「速読」ね。

上のリンクのシリーズを読んでると出てくるんだけど
当然そのことも話題にしてました。

『【速読法】 体験記 』


「速読」に関しては、いろいろやって挫折してるわけですよ(^^;

指南本を読んでみたり、パソコンソフトを使ってみたり…

で、「こりゃダメだ…」と一旦あきらめたんです。
だって、
「ページをめくるだけで内容が理解できる位の達人には一握りの人しかなれない」
って、そういう指南本にはっきり書いてあるんだもん(--;
「なんだそれ…」って話じゃん?(^^;

で、それからちょっと経った2001年

本屋さんで平積みになっている1冊の本を手に取ることになったんです。

それがこれね。

b0129426_12494478.jpg


「ちょっと今までと違うんじゃない?」
「これぞ最後の望みかも?」

なんて思いながら、その場で購入したんです。

とまぁ、ここまでは良かったんですが…
それまでの経験から、「自分には無理かも」
という変な固定観念が出来上がっちゃっていて、
買ったはいいけど、なぁ~んか読む気がしなくてさ(^^;

本棚にて、後生大事に保管されることになるわけです。
「そのうち、なんかの機会に読むかもね」
ってな感じでね…

それから何年たった? (^^;

そうです! 7年の月日が流れたわけです。

でもって、「流転」と言うのでしょうか?
「巡り巡って」と言うのでしょうか?

こう言うのってほんと不思議だと思うんだけど、
ある場所で、この本の表紙を目にすることになるわけなんです!

「うわ! この本、アタシャ何年も前に買ったぞぉ?」ってね。

いや、別に本屋さんで見たってわけじゃないからね。

てなわけで、つづく…(^^;



*PhotoReadingおよびフォトリーディングは
 ラーニングストラテジー社及び
 ラーニング・ソリューションズ社
 の登録商標です。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-23 12:56 | いわゆるスキルアップ!
『 がっかりだよ! [Amazon] 』
もうねぇ~ 「アマゾン」つったら、

「仮面ライダー アマゾン」に決まっとるわけですよ。(^^;

↓これね。


b0129426_9393819.jpg
<仮面ライダーマガジン アマゾン編>

(当然アタクシ持ってます!(^^) )






そんな事も手伝って! (どんなことやねん(^^;)

名前からして親近感のあった すでに皆様よくご存知の
「Amazon」でございますが…

もう何年も前の事になりますが、
まぁ、最初に使ったときは衝撃だったわけですよ。

その品揃えと、1500円以上は送料無料ってところ…

さらにびっくりなのが、割と早めの時間に注文すると
下手したら翌日に商品が来ちゃったりしてね。

「なんだか、書籍の凄い通販サイトがある」

なんて話は結構耳にはしてたんだけど、
まさかここまで凄いとは!!

ってのが正直かな感想…

でもって、
「こりゃ便利だ」と思って使っていて
さらに驚かされたのが、
「あなたへのオススメ」ってヤツね。


こないだ、こんな本(DVD)買ってたでしょ?
だったらさぁ、こんなんもあるんだけどどう?
でもって、更にこんな新しいやつも
発売されたんだけど買ってみない?

ってな案内をしてくれることね。

時と場合によっては、「若干うざい」(^^;
って感じもあるんだけど、

「あっそう? そんなのが出るんだ? 」
「よく教えてくれたね。早速買うよ…」

って事もあるわけですわな


・同じジャンルの本をジャンジャンと読みたいとき
・話題になってる本だから、とにかく読んでみたいとき
・興味のある本をランダムに濫読したいとき

そんな時にはとにかく「便利」以外のなにものでもないわけですわな(^^;

最初から「保存」はしないと思っている書籍に付いては
「ユーズド(中古)販売」もあるのもいいしね。

唯一の難点と言えば、-まぁこれは通販全般にいえるんですがー
なにかひとつのジャンルについて勉強したい時とか…

やっぱり、自分に向いている、又は一番欲しい情報が詳しく載っている
モノが欲しいわけじゃん?

そしたらやっぱり、中身を見たいよね?

いまや、「中身検索」とか言って中身を少し見られる機能もあるけど、
やっぱり全体的な内容を知りたい、他と見比べたいってあるわけで…

そんな時はやっぱり、
大きな本屋さんに出かけて行って
たっぷりと吟味して買っちゃいますよね(^^)


とは言え、「基本はAmazon」って言う図式がすっかり定着する程
「Amazon」は生活に密着し、なおかつ「満足度」と言う点でも
高得点をあげておったわけです。



ところが… (--;

ところがなんだよねぇ~~ (^^;


ある時から、新しい機能が追加されていました。
それは…

「お急ぎ便」…


さすがにこれにはがっかりしたね。(T_T)

「やりやがったな!」って思った(^^;

いい? 考えてみて…

今まで通常なら翌日に届いたものが、
有料サービスの「お急ぎ便」に申し込まないと
翌日以降に届く…

つまり、逆に考えると

今までどおりに発送すると翌日に着いてしまうモノに関しては、
「お急ぎ便」に申し込まない場合、
あえて翌日以降着になるように調整している。

としか思えないわけじゃん!

「やりやがったな!」

「やられたぁ~~」

って事でさぁね(^^;

でもね、アタクシが経営者だったら当然こうすると思うわ(^^;
向こう側の立場だったら「至極当然」な事でもある。

「お急ぎ便」が出来る前の便利さを知ってるから
こんな事思っちゃうけどさ…

それに実際問題、そこまで急ぎで買わないとならない書籍ってのも
そうそうないんだよね(^^;

DVDとかだって、別に発売日に欲しいとも思わないしさ…


とはいえ! 逆に恩恵受けている人もいるはずなんだよね。

通常なら翌日以降に届いていた地域でも
このサービスにより翌日着になったり、
設定時間内なら、かなりギリギリの時間でも
翌日着が約束されたりと…


なので、個人的見解としては心にこう強く誓ったのでございました。


「<お急ぎ便> 絶対に使わねぇ!!」


ってね。 (^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-17 09:41 | お得(?) な情報
『 インテリア目覚ましチューナー SONY ICF-CD7000 (後編) 』
『 前編 』の続きです。


ほんと勝手なイメージなんだけど…

「爽やかな目覚め」ってぇとさぁ~

波の音とか、
川のせせらぎの音とか、
小鳥のさえずりとか、

特に大音量ではないナチュラルな音量の音がしている中で、
非常にナチュラルなカーブを描いて眠りが浅くなり、
ゆぅ~~~っくりと目を開ける…

そんな感じじゃない?

そんな経験してみたいわ! って感じじゃん?


でまぁ、そぉ~んな感じを擬似的にでも体感しようと思ってね。
考えたのが「クラシック音楽」での心地よい目覚め…


起きなければならない10分位前から、いい感じの音量で
「モーツアルト」とかさぁ~
「ビバルディ」の「春」とかさぁ~
それっぽいのを流すわけ…

あの非常ベルのように鳴り響く、目覚まし時計の音に
おどろかされるんじゃなくてさ… (^^)

「新聞配達」やっていた時の様に、
大音量の「ファンキーモンキーベイビー」
飛び起きるんじゃなくてさ… (^^)


しかし! ここで問題が…

いまや電化製品ってスイッチひとつとっても、
全てが電子制御なんだよね。

昔の機器みたいに、スイッチ入れといて
電源自体にタイマーかけておけばいいってもんじゃない…

いまどきアナログのスイッチなんてほとんどないからねぇ~

つまり、上記の「目覚め」を演出するにはそういう機能のついた製品を
新規に購入せにゃならんわけです(--;

最初はね、そういう機能のついた「ミニコンポ」でも買おうと思ってたのさ…

でも… … … あるね。 あるじゃない!

「目覚ましチューナー」ってカテゴリがそれなんだわさ!

もともと、時間になるとラジオがONになるってのがベースなんだけど、
そこにCDが付いた感じなのね。

何社か同じような出してるんだけどさぁ~

悔しいことに、やっぱりデザインとかインテリア性とかって事になると
どうしても「Sony」さんに一歩分があるんだわ。

でもさぁ、アタクシ非常に「Sony」さんの製品とは
馬が合わなくてですねぇ(^^;

すぐに言う事きかなくなっちゃう事がほんと多いのよね。
そのあたりの顛末はこちらの記事でも読んでいただきましょうか…
↓クリック
『ソニータイマー 』


とは言え、このデザインに負けました。(^^;

b0129426_9125460.jpg

(これは「黒」、買ったのは「白」)

ま、どのメーカーのもやりたい事は出来るんでね。
あとは、デザインと値段って事になるんだけど、
やっぱり一歩ぬきんでてるんだよね。 悔しいけど…


あと絶対にあればいいのに、各社さんつけてない機能があるんだよね。
それは…
ある時間ごとにボリュームが大きくなる機能…

これあればいいと思うんだけど…なんでないんだろう…

って事で、この「Sony」の製品を購入したのです。

あまりでかい音で鳴らしても意味ないわけですよ。
ほどよぉ~~~い音量で、起床時間の10分前くらいから
心地よい音楽が流れ始めて、ゆっくりと目覚める…

なので!
微妙な音量調整をしてですねぇ、
いざ活用し始めたわけです(^^)/


さあ! 結果はどうなったと思います?
あ、ちなみにセットされているCDは「モーツァルトの室内楽集」です。


これがさぁ、笑っちゃうんだけど…
設定時間になればね、電源が入ってCDが回り始めるわけですよ。
この、CDが回り始める機械音で目が覚める事が多いんだわさ!
ウハハハハ…

やだやだ… 年取ったってことかねぇ~(--;


でもあれよ、音楽で起きる時も当然あってね。
その時はたしかに今までの様な、目覚ましのベルで飛び起きるより
落ち着いた気分で起きられてる様な気がします。


「クラシック音楽」での目覚め… 結構いいかもよ(^^)
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-16 09:11 | 健康
『 インテリア目覚ましチューナー SONY ICF-CD7000 (前編)』
アタクシの寝起きの悪さは何度も語ってまいりました(^^;
詳細につきましては以下の記事なども参考になさってください。


『睡眠時間』



『【短時間睡眠法】体験記』



実は「短時間睡眠法」に付いては、
新規に記事を書こうと思っていたんですよ。

なんと!
新しい方式の「kizz_army式 短時間睡眠法」に挑戦していたんです(^^)

で、それも新しい生活リズムになりつつある今、
あまり意味をなさなくなっているのですが…(^^;

なんにしても、そこには共通のテーマがあるんですよ!

それは、

「爽やかな目覚め」


なんかさぁ、起きる時間、シチュエーションに関係なく
無理矢理起こされるんじゃなくて、
なんとなぁ~~く…
自然に…
普通に…
地獄の苦しみなく…
起きることが出来たなら?

そりゃねぇ~人生変わるってもんです。(^^;

でもって、特にその状況に似つかわしくない演出をしてくれるのが、
あの、「目覚まし時計」ってやつ…


ジリリリリリリリリリリリリィィィィィィ~~~ン!!


ってね(--;

心臓に悪いっちゅうねん!!

逆に永遠の眠りにつきかねん! っちゅうねん!

電子アラーム音とかにすりゃいいって気もしないでもないのですが、
なんかあのけたたましいベルの音の方が「起きる」って言う必要性からは
若干の安心感があるのかな…と… (^^;

いまさぁ、いろんなアイディア目覚ましあるじゃん?

この前テレビで見たのはね。
設定時間になると、ベルが鳴る…
ここまでは普通なんだけど、それと同時に上部のプロペラが回転して本体を離脱
プロペラ部分はどっかに飛んで行っちゃうのさ。
で、そのプロペラ部分には目覚ましを止めるキーが付いてるのね。
もうわかるでしょ?(^^;

その飛んでいったプロペラを取りに行かないと目覚ましを止められないわけよ。
だったら、最初から目覚ましを離れたところにおいておけば?
とも思うんだけどね? (^^;



さてさて、そんな寝起きの悪いアタクシが…
な、な、な、なんと! 超信じられないことに!

中学生の時に「新聞配達のアルバイト」をしていたんです。
4時とか、5時に起きなきゃならんのよ?

アリエヘン! ありえへんでぇ~~~! (^^;

なんでかってぇと、エレキ・ギターが欲しかったらね。(^^)

そりゃもう、今とは比べ物にならないくらいに、
絶対に決まった時間に起きなきゃならんわけですよ。

土曜も、日曜もありゃしません。

とにかく、起きなきゃならんのです(^^;

そこで採用した「目覚ましシステム」は?

「ステレオを大音響で鳴らす」

でした。(^^;

今みたいに電子制御じゃないからねぇ、昔のステレオはさ…
電源入れたまま針を落として、別途購入した電源タイマーに
接続しておけば、電流が流れると同時に音がでるってわけ…

同じような仕組みが、
あの「悪魔が来たりて笛を吹く」で使われてましたね。

アタクシが使っていた曲は「悪魔が来たりて笛を吹く」ではなく、
曲は「キャロル」の「ファンキーモンキーベイビー」…(^^;

ほんとぉ~~に、飛び起きますからね。
今考えると家族は大迷惑だったかもしれません。 m(__)m

今でも、その大音量で鳴り響く「ファンキーモンキーベイビー」が
頭の中にしっかりと残っているくらいですから…

実はこの曲… アタクシがバンドと言うものに関わる
きっかけになった曲でもあるんですよ。


それでもね。 一度だけ、こんなことが…
そのステレオを止めに行く途中だったんだろうね。
気が付くと、床に倒れていたことがあったんだよね(^^;;;


根本はそこです! そこにヒントがあったんだね。

このシステムをもっと快適な目覚めに流用できないか?ってのが
事の始まりだったわけなんですな!

って事で、予想外にもこの話題は次回も続きます(^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-15 10:27 | 健康
『 [プチ断食]の"非"ススメ! 後篇 』
割とひねくれもののアタクシですので…(^^;

どこか一箇所で「とてもいい!」とか書いてあっても、
「怪しいもんだ…」とかすぐ思っちゃう。

でも、結構同時期に同じ事を別の場所で見かけると…

「ん? もしかして本当にいいのかも?」

とか思って…

ネットで調べまくって…

「なるほど、たしかにいいのかも?」

とか思うと、すぐに検証してみたくなる。(^^;


「プチ断食」もほとんどそんな流れで、
実際にやってみる事になったわけでさぁね。

最初にも言ったけど、別に痩せたい訳じゃない。
つっても、最近ちょっとだけ体脂肪が増えた事が
気になっていたのも事実だけど…(^^;

なんでもいいから、ちょっとでも
「あ、なんかいいかも…」
って、思えることがあったらそれでラッキー!! (^^)

じゃない?


って事で、ネットから得た情報…

・かなり辛いらしい…(^^;
・週末をフルに使って「プチ断食♪」
・準備は金曜日から…
・少しずつ食べる量を減らして土曜日は完全断食
・日曜の朝はまずおかゆから
・その一杯のおかゆのうまさはまさに驚愕に値するとか…

とまぁ、それでも楽観視してたんですね。
繰り返しますが、調子悪くて一日食べないなんて事は
頻繁ではないにしろあるわけですからね。

でも裏を返すと、ってことは一日くらい食べなくたって、
翌日から劇的に何かが変わるって事もないんじゃないか?
って事も言えるんだよね(^^;

まぁ、とにかくやってみるべ…


「腹が減ったなぁ~」と思えば、ペットボトルの水を飲んでですねぇ~
でも、そんなに水ってたくさん飲めないんだよね(^^;
それでもがんばって飲んで…

昼が過ぎ…

外で元気よく遊ぶわけにも行かないので、
家でテレビを見ることを中心に過ごして…

一番辛かったのが20:00頃っすかねぇ~

空腹感のピークでございました。

なもんで「はやく寝ちゃえ!」って事で、
22:00前には寝たのですが…

「前編」の冒頭の様な悲惨な目にあっちゃったわけよ!


日曜の朝もなんか変な感じでねぇ~
酷い吐き気はなくなったのですが、全然すっきり起きられない(--;
(まぁ、すっきり起きるなんて事は普段からないのですが(^^;)
うつらうつらしながら、どっさぁ~~~りと夢を見ちゃったわ!

でもって、10:00頃にはなんとかベッドから這い出したのですが、
まぁ~~~調子が悪い…

なんだかフラフラするしさぁ~ ちょっと立ち上がると酷い立ち眩み

衝撃的なはずの「最初の一杯のおかゆ」「まぁ、こんなもんか…」と…

あ、そうそう朝起きてすぐ調べたのさ

「プチ断食 吐き気」ってキーワードでさ…(^^;

そしたらさぁ~ なんか非常にスタンダードな
「プチ断食」の「副作用」らしいのですわ!


準備期間の食事の減らし具合がうまく行ってないとなるとか…

でも、そんなの結果論だよね(^^;
慎重にやったって個人差があってだめなのかもしれんし…


最初のうちは、

食事を支度する時間も、
食事をする時間も、
食事の片づけをする時間も、
食費も、

すべて一気に節約できちゃうすばらしい企画の様な
気もしたんだけど、

終わってみれば、なんだか土曜日、日曜日と
非常に無駄に過ごした感じなんですわ(^^;


ほんとおにこれでいいのか! 「プチ断食」!!

てなもんよね。

あんなに調子悪くなるとはね(^^;


「もうやらね! 」とか思っちゃうじゃん?

ましてや、人に勧めるなんて出来ないわけよ

なので! タイトルは 「"非" ススメ」になっております。


とまあ、週末「プチ断食」の明けた今週…火曜日位までは
これについての記事はかなり否定的な内容ばかりで終わる予定だったんです。


ところが… (^^;


Blogの更新に中休みがあった事が、幸か不幸か… (^^;

なんかね、
あの「優香にだまされた!」って思って増加傾向にあった
体重が2Kg減ったの…

自分で「ベストかな?」って思っていた値に戻っちゃった。
でもって、体脂肪も若干減る傾向にあるみたい。

更には、例の「カラダスキャン」が表示してくれる「体年齢」
一気に4歳くらい若返って「27歳」を表示してます。

う~~~ん… … … (^^;

「プチ断食」の効果なんでしょうか????

と言う事で、現在はそんな状態ですがとてもじゃないけど
人に勧めることは出来ません。(^^;

なんつったって、具合悪くなるかもしれないんだもん…

しかも、ほんとうに効果があるのかってのも判りません(^^;

単に、個人的な体験記を書いただけです。

そこの所はよぉ~~~くご理解の上、
どうしても挑戦したい方は、参考にしてみてくださいな(^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2008-04-04 10:45 | 健康