★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
『 苫米地英人講演会 【未来の記憶の作り方】後編 』

「前編」の続きです。

という事で、ひょんな事から手に入った「プラチナチケット」
講演が始まりました。

著書ではなく、肉声による「苫米地節」は、書籍の付録のCDにて
実は聞いたことあったんですね。

とは言え、生で、身ぶり手ぶり交えた「苫米地節」は
やはり一味ちがいますわ(^^)

タイトルは「未来の記憶の作り方」となっていますが、
そこにたどり着く一番重要なキーワードは

「とんでもない決断」をすること

ってな感じで、話が進んで行きました。
根底にあるのは、「セルフコーチング」

巷では、「コーチング」なるものはおおはやりですね。
しかし、苫米地さん曰く…

「コーチング」というのは、あくまで
「セルフコーチング」の助けとなるものであって、
「コーチング」自体が主役になるのはおかしい

「コーチング」を行う「コーチ」ってのは、
本当は「いない状態」が理想である

との事… 確かにね…

で、その「セルフコーチング」によって、
「とんでもない決断」をして、
「スコトーマ」を外し、
「コンフォートゾーン」をずらして、
「エフェカシー」を高める…

と… (^^;

ま、このあたりの独特のカタナカ表現は
↓のBlogを参照ください。
『 残り97%の脳の使い方 』
つっても、別に詳しく説明してあるわけじゃないね(^^;
ウハハハ…

それには、まず「高い理想」を掲げることだというのを
あの「チェ・ゲバラ」を例にして説明してくれました。

そして、その「高い理想」を掲げるには、

「高次元から抽象度を高めて世の中を見なければならない」と…

この、「抽象度を高める」って事の話が、
とても興味深かったですね。

結局、2次元の世界にいる人には3次元の世界は見えないんですね。

とすると「とんでもない事」って、その次元にいたのでは
その次元での「普通の事」しか、見えないし思いつかないわけです。

なので、「a次元まであげろ!」と…

「a」って言うのは「abstruct」の「a」で、
「abstruct」ってのは「抽象」の事ね。

「脳」の抽象度を高めていくと「心」になる

なんて言う説明は、さすがに苫米地さんって感じです。

さらには、これの説明に

・「量子力学」 とか
・「超ひも理論」とか
・「ランダム性」とか

出てきちゃうわけよ?

凄すぎて、ちょっと笑っちゃったよ(^^)

「量子力学」っちゃぁ、毎度おなじみ
「シュレーディンガーの猫」よね。
   参照 => 『【蟹】と【シュレーディンガーの猫】』

「超ひも理論」つったら、
あの「相対性理論」をも覆してしまう、
10次元の世界観をもった
アタクシなんぞには、まったく理解不能な世界…(^^;

後で聞いた話によると、

「数式」が出てこなかっただけでも、
今回はまだましかも…

なんだそうな… (^^;
凄いよね?

「抽象度を高める」って話で、
「量子力学」や「超ひも理論」…
これらの理論をちゃんと理解できてるわけじゃないけど、
なんだかむちゃくちゃワクワクする話でした。


そうは言っても、この
「高次元から抽象度を高めて見る」
ってのは、「物理空間」では無理があるわけです。

これを当てはめるのは、「情報空間」での事…
なんだそうな。


導き出される結論…

「情報空間」での抽象度を高め、
高い理想を掲げて、それを
「物理空間」で実現していく
それには、今スグに「とんでもない決断」をすること。
そして、その「高い理想」は
「現状の外側に設定」する。


てっとり早く、これを実現するには
苫米地さんの
夢が勝手にかなう手帳2010 (講談社BIZ)

を使うといいらしいですよ。 ウハハハ…

チケット代からすると、1時間位の講演かと思っていまして、
終わった時も、「まぁ、そんなもんか」と思っていたのですが、
2時間の講演でした(^^;

それだけ、あっと言う間だったって事ね。(^^)

ほんとこの講演を聞けたラッキーに感謝します。
しかしまぁ、ほんと凄い人だわ… トマベッチーったら… (^^;


この興奮冷めやらぬ講演後、
チケットを融通していただいた方の
お仲間の方々の集まりに、ちゃっかりとお邪魔して、
2次会も楽しんでしまいました。

先日の
『 山口佐貴子謝恩パーティー~お陰様で受講生3000人~ 』
に引き続き、志の高い人たちに混ぜてもらうと
ほんとモチベーション上がりますわ!

いい夜を過ごさせて頂きました。 m(__)m

まとめ役の、鈴木さん
声をかけてくれたくれた、貴代さん
そして、2次会参加の皆さん、
ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-10-20 09:31 | いわゆるスキルアップ!
『 苫米地英人講演会 【未来の記憶の作り方】(前編)』

2009年 10月17日(土)の事

---------------------
第140回 新宿セミナー@Kinokuniya
「英語は逆から学べ!英会話トレーニング編」
(フォレスト出版)刊行記念
苫米地英人講演会
「未来の記憶の作り方」
---------------------

まぁ、壮大なタイトルだわね。
この講演会に参加してきました。

苫米地さん…
アタクシは勝手に「トマベッチー」っと呼んでいるわけですが(^^;
この方、とにかく「知る人ぞ知る」、とっても凄いお方…

ちょっと経歴をご紹介しますね。


・1959年東京生まれ
・2年間の三菱地所勤務
・イエール大学院に留学
・人工知能の父と呼ばれるロジャー・ジャンクに学ぶ
・カーネギーメロン大学計算言語学博士(日本人初)
・徳島大学助教授
・ジャストシステム基礎研究所所長
・通商産業省情報勝利振興審議会専門委員
・株式会社ドクター苫米地ワークス代表
・コグニティブリサーチラボCEO
・門川春樹事務所顧問
(↑テニス仲間のMさんからの指摘で修正(^^;)
(全然気がつかなかった…)
(なんかこの漢字の他の会社があるんだって)
・角川春樹事務所顧問
・米国公益法人
  The Better World Foundation日本代表
・南開大学客座教授
・全日本気功師会名誉教授
・天台宗ハワイ別院国際部長
・脳機能学者
・計算言語学者
・分析哲学者
・認知心理学者

とまぁ、打ち込むだけでもほんと大変(--;

わかりやすいのは、「ATOK」
(一世を風靡した「一太郎」というワープロソフトの
日本語変換ソフト)や
マッキントッシュの日本語変換ソフト
「ことえり」ソフトを開発した人なんだよね。

更には、「オウム事件」での脱洗脳の
エキスパートとしてかかわったり…

とにかく、
「なんなんだ!この人は!」
って、感じの人なわけよ(^^;

本もいっぱい書いていて、いくつかは、
《知識増量堂 ブックセンター》
でも、紹介しています。

『 残り97%の脳の使い方 』
『英語は逆から学べ』
『 英語は逆から学べ! 実践トレーニング編 』

まだ、Blogには書いてないけど、上記の他にも2冊くらい読んでます。

更には、先日紹介した
『 働き方革命 』
と言う本の紹介の中にもちょっと出てきます。

簡単に言うとアタクシ… ファンなんですね。この方の… (^^;

「苫米地節」ともいえる、独特の言い回しや視点が、とにかく爽快、爽快!

常識にとらわれない…
って言うより、「常識をものともしない」
一般人のアタクシなんかは、思いもよらない
視点からの考察には、ほんと、いたく感動するんですね。

もちろん、セミナーとかも開催しているわけですが、
2日間で、40万とかなわけよ(^^;

さすがに「生トマベッチー」を体験するのは、
「相当な困難が伴うな」と、漠然と思っていたわけです。

所がまぁ、不思議な事があるもんだね。
ほんと、こういう事ってあるんだね。
いやぁ~これを、
「シンクロニシティ」とか
「セレンディピティ」とか
言わずしてどうする??

てな感じよ? マジで…

それは、先日紹介した
『 山口佐貴子謝恩パーティー~お陰様で受講生3000人~ 』
の後半…
Bingoゲームが始まろうとするくらいですかね(^^;

名刺を交換させていただき、お話させていただいた
「マインドマップ公式インストラクター」
の貴代さんと言う方がですねぇ、
数人で開いたパーティの後の、ちょっとした飲み会にて、

「苫米地さんの講演のチケットがあるんですが行きませんか?」

と、言うんです。

「ハイハイハァ~~~イ! 行きます、アタクシ行きます!!」

当然、こうなりますわな(^^)v

不思議な事があるもんでしょ?
ほんと、こういう事ってあるんだよね。
いやぁ~これを、
「シンクロニシティ」とか
「セレンディピティ」とか
言わずしてどうする?? って感じじゃん!

って、しつこいですか? しつこいですね(^^;

だって、それくらい衝撃的な出来事じゃん?
単純に「偶然」で片づけられる?

そして、当日になってわかることなんですが、
この講演のチケットったら、
「超プラチナチケット化」していたらしいんです。


「電話がつながらない!」
「つながった時は、売り切れ」

という方が、続出。
中には、ご本人に苦情を言う人(^^;
「2000回電話したぞ!」という人…

人気アーティストのライブチケットならいざ知らず…

じゃありませんこと? (^^;

さて、そんな苫米地さんの講演…
どんなだったかって言うのは、次回のお楽しみ…
って事で… (^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-10-19 10:39 | いわゆるスキルアップ!
『 山口佐貴子謝恩パーティー~お陰様で受講生3000人~ 』

「山口佐貴子ってだれ?」

って、所からですね(^^;


参考にしていただく記事は ↓ こちら…

『 <フォトリーディング集中講座> 体験記 』
『 マインドマップ講座体験記 』

「フォトリーディング」という、読書テクニックと、
「マインドマップ」という、メモテクニックの
講座を受講した時の講師が、「山口佐貴子」さんだったんです。

ま、どちらも「読書テクニック」、「メモテクニック」
なんて一言で言い表せないほどのパワーを秘めているわけですが…

佐貴子さんについて、もちょっと知りたい方は、
こちらへどうぞ! => 山口佐貴子公式ホームページ


その、講師の佐貴子さんの受講生が3000人を超えたって事で、
祝賀パーティが開かれるという案内をいただいたアタクシ…
参加させて頂きました。

単に3000人って言ったって、
1000人を3回とかじゃありませんからね(^^;

時は、2009年 10月 9日(金)
場所は、飯田橋にある 「アグネスホテル東京」という所…


きちんとしたパーティなんて、アタクシにしてみれば
非常に場違いな感じも無きにしも非ずですが(^^;
今までの経験からすると、この「フォトリーディング」やら
「マインドマップ」関係のイベント、集まりに参加すると、
異常なまでに、いろんな事に対するモチベーションがあがったり、
「あぁ~~パワーもらった」って感じになるんですね。

なので! 勢いで参加させて頂きました(^^;

この日の佐貴子さんはオレンジのドレスで登場!!
主役にふさわしい華やかさでございました。

でもって、またゲストが凄かったね。

案内には名前がなかったんだけど
いきなり、あの「神田正典」さんが登場!!

目の前を神田さんが通り過ぎて行きます。
どこかの記事に
「なんだか神田さんにはそのうち会えそうな気がする」
って書いたと思うんですね。

で、
2月の
『 フォトリーディング フォローアップ講座 』
では、ステージ上だった神田さんですが、
今回は、すぐそこに…
だんだん距離が近づいてきてますね。(^^;

更には、
『ユダヤ人大富豪の教え』
の著者である、本田健氏。

夢の宝地図ナビゲーター望月俊孝

著書もたくさん、超有名占い師來夢 さん

と、まぁ豪華なゲストの方々…

更に更に…
ドラマ化もされた、コミック「ゴッドハンド輝」の作者
山本航暉さんが、普通に参加者としていました。

「ゴッドハンド輝」は、電車の中で何度も泣きましたからね。(^^;
一言ご挨拶をと… 声をかけさせていただきました。
山本さんの凄いのは、たくさんの人にサインを頼まれていたのですが、
必ず、輝の絵を書いてくれるんですよ。
あっという間に、そこに「テル先生」が!!!
感動です!

そのサービス精神には、ほんと脱帽でした。

とにかくねぇ、参加してる人が凄い人たちばっかり…
時がたつにつれて、「ほんとにここにいていいんだろうか?」って
感じが増すばかりよ(^^;

ひとりで、ぽつんとウーロン茶をすすっていると、
最初に話しかけてくれた方は、なんと愛知から…

その次に話した方は、仙台から…

アナウンスで紹介されている方は、大分から…

みなさん、このパーティのためだけに来たとか…

凄すぎます(^^;

受講生の代表としてあいさつした方は二人…

一人目の 「心屋仁之助」さんは、
佐川急便の管理職から、心理セラピストになり、
更には、ベストセラー作家にまでなった方…

二人目の稲垣昌利さんは、
サラリーマンから、いきなり「西尾市議会議員」に
20代でなってしまった方…

詳しくは こちらを参照
   => http://www.10sokudoku.jp/voice/hero.html

もともとそういう人だから、「フォトリーディング」の講座を受けるのか?
講座を受けたから、「人生変わる」のか?

永遠の謎になりそうです… (^^;

上記のお二方だけではなく、名刺交換をさせてもらう方
すべてがなんだかすごい人ばかりなんですよね(^^;

でもって、そんな中、話の弾んだ自分を含む4人で
二次会を開催する事に… (^^)

近くの「坐 わたみ」に繰り出しました。

マインドマップのインストラクターのYさん
某、超有名、アタクシも大好きな千葉方面の
リゾート地にて働いている、Kさん
みんなが知っている、電機メーカーF社のAさん

いろんな話が飛び出して、非常に勉強になりました。
そして、すごく楽しかった(^^)

こういう横のつながりができるのがたまりませんね(^^)


というわけで、「場違い」な感じは、
最後まで残りましたが、やっぱり参加してよかった。

すごぉ~~~く、よかった!

どうです?

「マインドマップ」、「フォトリーディング」興味が出てきましたか?

まず間違いなく、損はしないスキルだと思います。
興味が出てきた方はご検討ください。

相談にものりますよ(^^; アハハハ…
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-10-14 09:50 | フォトリー・マインドマップ
『ビジネスセミナー 【働き方革命】 by 駒崎弘樹 氏 』

久々に、セミナーというか、「講演」に参加してきました。

《知識増量堂 ブックセンター》でも、紹介している

「働き方革命」
<= クリック

の著者、駒崎さんの講演です。
もちろん内容は「働き方革命」について…

既に読んだ本の内容についての「講演」だと、
どうしても書籍の内容とダブる部分も多いわけですが、
それでもね、やっぱり直接「あの本を書いた人」
眼前にしながら、肉声にて話を聞くのは
違った「気づき」や「感銘」があるわけなんです。

ちなみに… 関係ありませんが、アタクシ…
この「気づき」って言葉が大嫌いです。(^^;

それは置いておいて…(^^;

聴衆は、100人弱って感じでしょうか…
平日の夜にも関わらず、
これだけの人数が集まるんだから凄いです。
ほんとに…

で、前半は、ほとんどが本の内容の「おさらい」って感じ…

でも、改めて感じたのは、今、世界は、あの「産業革命」以来の
変革期を迎えているんだなって事…

アルビン・トフラー氏的に言えば、「第三の波」…
ドラッカー氏的に言えば、「ネクスト・ソサエティ」…

じわじわと、社会の構造が変わりつつあるんですね。
そして、その場に立ち会える、妙な期待感… (^^;

うまく波に乗りたいもんですね(^^;

でもって、後半は「働き方革命-実例サンプル集」的な内容でした。

これはね、書籍にはなかった内容。
まず登場したのが
「未来工業」http://www.mirai.co.jp/
という会社…

まず、名前が凄いよね(^^)
10/22に、テレ東の「ガイアの夜明け」で紹介されたみたいよ。 みた?
アタクシ… この番組毎週録画しているので、これから見ます(^^;

この会社の凄いのは、
・「残業禁止」
・「ホウレンソウ禁止」

すごくね? (^^;
残業禁止ってのはまだしも、「ホウレンソウ禁止」ってのはすごいよね。

でもね、これって実は理にかなっているんですね。

多くのリーダーシップ系の本で語られていますが
「権限の移譲」って非常に大切だと思うんです。
「働き方革命」の中では「裁量権のある仕事」って事で
家事に対する「働く」の所で出てきます。

あの「第8の習慣」の中でも
「エンパワーメントを進める」という表現で著されています。

この効果で、なんと経常利益率が14%!
通常は3%位なんだってさ。
いかに凄いかわかるでしょ?

次に紹介されたのが、

「株式会社エス・アイ」 http://www.eonet.ne.jp/~si-ima/index.html

この会社…
・「完全自由出勤」

なんだそうな…

だから、給料は「時給計算」なんだってさ!

そして、講演者の駒崎さんの「フローレンス」という会社の事例…

事例がたくさんあり過ぎてここには書ききれません(^^;

ま、結構著書に書いてある事なので、
「そっち参照」って事で…(^^;

その中で、おもしろいと思ったものをいくつか…

・仕事メタボ診断

 「スリムタイマー」という、Webアプリを使った
 自分の仕事の無駄を見える化する工夫

・朝30分の掃除タイム

 掃除は週一とか言うところ多いけど、
 毎日しないとだめだと思うよ(^^;
 で、それを「コミニュケーションタイム」として使っているらしい…

・在宅勤務&引きこもりタイム

 在宅勤務は、ずっとじゃないのね。
 週何日っていう風に決められてるの。
 そして、「引きこもりタイム」ってのは、
 仕事に行き詰ったり、なにかを考える仕事の場合
 近所のスタバとかドトールに行かせてくれるのね。
 コーヒー代は「本日のコーヒー」分だったら、会社持ち(^^)
 さらに面白いのが、「強制引きこもりタイム」ってのもあって
 本人の意思じゃなくて、「ちょっと行ってこい!」って
 感じで、状況によっては行かせられちゃうの

駒崎さんも言っていたけど、小さな事から
自分の周りだけでも、なにか始めて行けば
きっと変わり始めると思うのね。

あっちこっちでアタクシ言ってるけど、
やっぱり、とにかく「やり始める」って事が
何にもまして重要だと思います。

駒崎さんの話を聞いていると、まじで
「日本を変えられるかも?」って思っちゃいました。

しかし、いつも思うけど、
本を書いた人に直接話を聞けるなんて、
結構贅沢な事だよね。

「う~~む、あの人が書いたんだぁ~~」ってね。 (^^)

駒崎さんは、想像より小柄な感じでした。
そして、想像より、「ほんといい人そう」な感じ… (^^;

限られた時間だから仕方ないけど、
書籍に書いてあった、プライベートな「働く」に
ついても話して欲しかったな。

「ちょっとしたクイズ」は、いらんかったかも…(^^;

って事で、毎度ながら満足の講演でした。

実は、この講演を聞いたのは、9月29日…

そう! 有明に「東レパンパシフィックテニス」
見に行った日だったんですね(^^;

《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2009 9/29(火)編 》

に書いてある、「予定」ってのはこの事だったんです。
ハードな一日じゃった… (^^;
[PR]
by kizzarmy_skil | 2009-10-05 09:43 | いわゆるスキルアップ!